レシピ総数
522

堀川ごぼうの鋳(い)込み

堀川ごぼうの鋳(い)込み

さっくりやわらかいごぼうにすり身を閉じ込めた新春の一品

投稿者:JAグループ京都

材料(4人分)
  • 堀川ごぼう … 1/4本
  • 鶏挽き肉 … 50g
  • 生すり身 … 100g
  • きぬさや … 12枚
  • だし汁 … 20ml
  • 米ぬか … 10g
  • 薄口しょうゆ … 5ml

  • だし汁 … 300ml
  • 酒 … 50ml
  • みりん … 15ml
  • 砂糖 … 40ml
  • 薄口しょうゆ … 50ml
作り方
  1. 堀川ごぼうは水にしばらく浸けて泥をふやかした後、たわしで洗って泥を取り、米ぬかを入れた鍋に水(分量外)を入れて40分程度、やわらかくなるまでゆでる。
  2. 1のごぼうを洗い、再び真水でゆでてぬかの臭みを抜き、ざるに上げて水気を取っておく。
  3. きぬさやは、筋を取って掃除をする。
  4. すり鉢に生すり身と鶏挽き肉を入れてよくすり、薄口しょうゆを入れ、だし汁を入れて、固さを調節する。
  5. 1のごぼうの芯の部分を月環で抜いて穴を開ける。
  6. 穴に小麦粉をふり入れ、3のすり身を入れる。
  7. 4を鍋に入れてAを入れ、ペーパータオルをかけて弱火でじっくり煮る。
  8. 最後にきぬさやを入れて、火が通ったら火を止めて冷ます。
  9. ごぼうを食べやすい大きさに切って盛り付けきぬさやを飾る。
SHARE!
LINEシェアボタン
Xシェアボタン
Facebookシェアボタン